ダンディ坂野の年収は?現在はなにしてる?いい人エピソードも!

今回は、ダンディ坂野さんの年収や現在について徹底調査してまとめました!

いい人と言われるエピソードもご紹介しますので、最後までお付き合いください。

現在はなにしてる?

毎年「来年には消えていそうな芸人ランキング」にランクインしているダンディ坂野さんですが、現在は地方やCMの仕事を多く行っています。

当時、大人気番組『エンタの神様』に出演し、「ゲッツ!」という芸にて人気を博したダンディ坂野さん。

惜しくも流行語大賞は逃しいてしまいましたが、老若男女問わず親しまれたのではないでしょうか。

しかし、代り映えしない芸風に面白みは薄れてしまい、メディアへの出演は減少していく一方でした。

フリートークも苦手とのことで、トーク中心のバラエティ番組の出演も断っているとのこと。

芸人らしからぬ短所ですが、現在はキャラクター性と芸風を生かせる地方での活動やCM出演に尽力しているようです。

一発屋と呼ばれる芸人はたくさんいますが、1度でも売れれば商品価値があると言われています。

ダンディ坂野さんの場合は、特徴的で分かりやすい芸風だからこそ現在も消えることなく活躍できています。

ダンディ坂野の年収は?

ダンディ坂野さんは、実働月10数回で年収2000万円と言われています。

先ほど、ダンディ坂野さんは地方やCMの仕事がメインと紹介しましたが、この仕事こそかなり儲かるそうです。

やはり、1度ブレイクした芸人は認知度があり、イベントでも集客率は高いとのこと。そのため、イベントなどで重宝されるそうです。

地方のイベントでかなり稼いでると有名なのは、同じく芸人のテツandトモさんではないでしょうか。

テレビにはほとんど出ていないため、「消えた」「干された」という噂まで浮上していましたが、実際には超人気芸人です。

ご当地のネタを織り込み、リズミカルなネタを繰り出すため、人気絶頂期を知らないお子さんでもなじめるネタだと感じました。

ダンディ坂野さんも地方のテレビに出演する機会も多いそうなので、地方の活動は芸人にとっておいしい話かもしれません。

過去に一発芸人としてテレビに出ていた際に、月収を270万円ということも明かしていました。

安定しない職業ということもありますが、同じくらいの収入だったことを考慮すると、3000万円以上の年収もあり得ますね。

収入についてははっきりと明かされていませんが、同じ事務所の芸人の中では飛び向けて稼いでるという候補に入るそうです。

仕事選びや金銭の使い方が慎重という噂もあるため、かなり堅実的に仕事と向き合っているのではないかと思います。

いい人と言われるエピソード

ダンディ坂野さんの評判は一般の方には受けが良く、同じ事務所の後輩からはあまり好かれていないとのこと。

現在ダンディ坂野さんが所属している芸能事務所は、『サンミュージックプロダクション』と言います。

稼ぎ頭と言われたベッキーさん含む、多くの芸能人の方が所属していて、主に一発屋と呼ばれた芸人の方々が所属しているようです。

元々、『サンミュージックプロダクション』では芸人を扱う事務所ではなかったそうですが、試しに5年間だけお笑い芸人の扱いを決めます。

結果を残せればお笑い芸人の所属を続けるというものだったのですが、事態は簡単に進むことはありませんでした。

タレント系に強い事務所ということもあり、芸人で結果を残せる人材はなかなか集まらなかったとのこと。

所属していた芸人に目が出ることなく、約束の5年目に差し掛かった際に、ダンディ坂野さんがブレイクしました。

結果として現在の『サンミュージックプロダクション』にて、芸人が所属できているのは、ダンディ坂野さんの功績となります。

活躍を鼻にかけず、イベント後に出待ちをされても嫌な顔をせず、丁寧に対応するダンディ坂野さんはとても人気でした。

ネタ中にヤジを飛ばされても笑顔で対応し、そのヤジすら笑いに変えてしまったとのことで、芸人の鑑ともいえるのではないでしょうか。

その一方で、後輩芸人達はダンディ坂野さんの仕事自慢に嫌気がさしていることを明かしていました。

「人間の質はCM本数で決まる」などと話していて、現在の地位にかなりご満悦のようです。

まとめ

今回ダンディ坂野さんについて調査したことをおさらいします!

  • 現在は、地方やCMを中心に活動している
  • 年収は2000万円と言われていて、月に270万円前後も稼いでいる
  • 一般的には好印象のダンディ坂野さんは、後輩芸人にはかなり距離を置かれている

バラエティ番組中心のとなりつつある現在は、ダンディ坂野さんにとってテレビでは活動しにくいと思います。

せっかくなら苦手を克服してほしいと思いますが、別に活躍の場があるため、無理にてテレビに出演する必要性はないと考えているのかもしれません。

何はともあれ、ダンディ坂野さんのこれからの活躍に大きく期待しています!

おすすめの記事