この記事では、井森美幸さんが結婚しない理由や、老けない秘密、若い頃の画像などをまとめています。

意外過ぎるエピソード盛りだくさんでお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください!

井森美幸が結婚しない理由は?

井森さんが結婚をしない理由は性格が原因だと囁かれています。

テレビでは明るく温厚で親しみやすいキャラで売り出している彼女ですが、実はかなりの潔癖症で、それが原因のようです。

例えば、家にお付き合いしている彼がきた際に、話の最中にいきなり除菌スプレーを彼にかけてきたりと奇天烈な行為をしていたそうです。

別の男性と同棲していた時期があったそうですが、“ばい菌”のように扱われ、彼が家に帰って来た時も「おかえり」もいわず最初に風呂に入れてその間に彼の荷物に除菌スプレーをふきかけていたそうです。

他にも、嫉妬心が恐ろしく強いらしく彼氏がどこかに遊びに行くと「女と遊んでたんでしょ」と彼を疑ってしまう事が多かったと言われています。

それにウンザリしてデビュー以来15年間もお付き合いしていた彼とは、別れてしまったそうです。

嫉妬深く他人を疑いやすく、そして潔癖症という性格のせいで結婚はできないそうです。

親しい友人の一人であるキャイーン天野さん曰く「井森さんは結婚に興味がない」ともいっていいます。

気がつけば50歳なので本人もほとんどあきらめているのかもしれません。

かわいい!老けない理由は?


彼女がいまだにかわいい顔をしている理由は適度な運動と潔癖症な性格が影響しているのではないかといわれています。

現在は50歳の彼女ですがセーラー服も似あうほどかわいい事で有名です。

なぜ、このように若く愛橋のある容姿でいられるか。

彼女自身が多くの男性と別れるきっかけになった「潔癖症」が起因しているのではないかといわれています。

潔癖症な人は細かいことにうるさく、彼氏にもその潔癖癖を守らせていました。

こういった潔癖癖の影響で、肌の手入れも入念にしており、綺麗な状態を維持しているのだと思います。

また、彼女は独自の筋トレ方法を編み出しており、それを実施して肌をきれいなままにたもっているそうです

その方法とは、家事の合間合間で適度な筋トレを挟むというもので、例えば料理を作る時でも背筋を伸ばしながら軽いスクワットを加えたりしてお尻を鍛えたり、つま先立ちをして足の筋を伸ばしたりして体を鍛えてます。

こういうように適度な運動とスキンケアが今でも井森さんが若い姿を保っている理由なのではないかと思います。

また彼女の私生活についても結婚・育児をしていないことでストレスフリーな生活をしていて、そういったことも影響して今も若い姿を保っているのではないかともいわれています。

若い頃はどんなだった?


若いころは、純粋なアイドルとして売り出していました。

15歳の時に、ホリプロスカウトキャラバンで12万人の中からグランプリを獲得。

1985年にはアイドル歌手としてデビューすることになります。

オーディションの際に披露したジャズダンスのビデオが一時、「井森ダンス」として多くのテレビ番組でネタにされてしまいました。

しかし、アイドル歌手としては芽が出なかったので、デビュー2年目以降はかなり売上が落ち、仕事がなくなってしまい苦労していたようです。

その後、歌手としてのアイドル活動よりもバラエティもできるアイドル、つまり俗に言う「バラドル」としての才能を開花。

松本明子・森口博子らとともに「バラドル」として有名になっていきます。

愛嬌があり、親しみやすいキャラクターでしたので、それがよかったのかもしれません。

そしてバラエティを中心に活躍していく「バラドルのパイオニア」として有名になっていきます。

髪型の秘密


井森さんの髪型は彼女の若さに影響しています。

彼女の髪型は、センター分けの黒髪ロングで、若い印象を与えます。

00年代以降、この髪型にしていますが、あえてこの髪型にすることで年齢を感じさせないようになっているらしいです。

一部の間では、実は白髪を隠すためにカツラをつけていて、だから10年以上見た目が変わらないのではないかともいわれています。

しかし、このカツラ説には証拠や根拠がなく、あまり現実味がないのでデマの可能性が高いと思われます。

実家は?


彼女は2歳のころに母親を失い、母型の伯父のもとで養子として育ちました。

伯父さんは「下仁田温泉・鹿ノ湯」という温泉を経営していたそうです。

井森さんはそこで育ち、子供のころはお客さんの前で歌を披露してお小遣いをもらっていたと言われています。

「下仁田温泉・鹿ノ湯」ですが、現在は廃業しています。

アイドル時代のキャッチフレーズ


デビュー当時のキャッチフレーズは「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません。」でした。

今でもたまにこのキャッチフレーズを使っているらしく、その際は「まだ誰のものでもありませんね。」とデビューから30年たっても結婚していないことを半ばギャグのように自虐しているそうです。

まとめ

今回井森美幸さんについてわかったことをまとめるとこのようになります。

・井森美幸さんが結婚しない理由は自身の性格が原因している
・老けない理由は適度な運動と潔癖症が理由の一つ
・若いころは普通のアイドルとして売り出されていた
・髪型が変わらないことについてカツラ疑惑があるが、根拠が無い。
・子供のころは伯父夫婦に育てられ、伯父夫婦は温泉旅館を営んでいた
・若いころのキャッチフレーズは「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません。」

50歳になっても未だに若い井森美幸さん。

今後も彼女の活躍を期待しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事