桐谷健太が結婚した嫁は?画像あり。歌やラップ?滑舌?大学は?

この記事では、桐谷健太さんが結婚した嫁、歌やラップについて調べてまとめました!

気になる滑舌の秘密、出身大学などもまとめていますので、ぜひ最後までお付き合いください!

桐谷健太が結婚した嫁は?

桐谷健太さんは、結婚相手について多くを語っていません。

2014年に結婚を発表した桐谷健太さんは、ブログにてこのような内容を公表していました。

相手は29歳、母性が強く、おっとりとした、心根の優しい一般女性です。

初めて出逢ったのは4年前。お互い近づいたのはゆっくりと。急接近は昨年の暮れ決めたのは本能です。

そして幸せなことに、俺、年内中にお父さんになります。

おめでたい報告ではありますが、世間的には結婚について良く思われていないようで、しくじり婚とも言われていました。

なぜこんなにも祝福されていないのかというと、授かり婚だった上に、ファンへの報告が遅かったことや家族情報を異常なまでに隠していることが原因のようです。

最近では芸能人の方々に本気で恋をしている「リア恋」と呼ばれる方が増えてきているようです。

そのため、結婚の発表時期はかなり重要視されています。

事務所の方針的には3枚目的な売り出し方をしていた割に、家庭を隠していることから結婚したという事実を知らない方も多いと思います。

桐谷健太さんの奥さんの希望により、第二子妊娠中に結婚式を挙げたとのこと。

しかし、参列者は両家親族と桐谷健太さんの事務所幹部数名だったそうです。

親族ですら写真撮影を禁止されているそうなので、かなり厳重な結婚式だったのではないでしょうか。

また、桐谷健太さんの奥さんが元キャバ嬢で、男性関係にだらしなかったという噂です。情報源は分かりませんでした。

こちらが桐谷健太さんの奥さんと噂の女性です。

美人な方で、特に悪い噂がありそうには見えませんね。

他にも桐谷健太さん自身が家庭を持ったことからプライベートを話さなくなっただけという声も上がっているようです。

どちらにしても真相は分かりませんが、家庭を持った結果出何も語らないのは、芸能人の拡散力の高さを知っているからかもしれません。

歌やラップがうまい?

桐谷健太さんの歌声は、声質で損をしていると言われていました。

CMにて披露された「海の声」という曲で、桐谷健太さんの歌声が注目されました。実は、この曲以前にも歌手活動を行っていたようです。

最初に歌声を披露したのは、2013年に出演したドラマでのことでした。桐谷健太さんが主演を務めるドラマにて、CDデビューします。

リズム感や音程には問題なく、心がこもった歌声に感動したという声が多く上がっていました。

確かに、「海の声」は沖縄の海を思わせるような雰囲気で、桐谷健太さんのかすれた声との相性がいいと思います。

しかし、桐谷健太さんの声は曲を選ぶようで、歌の技術はあるものの曲によっては下手に聞こえてしまうようです。

桐谷健太さんのラップ技術は、文句なしの高評価のようです。

桐谷健太さんは、2010年に公開された映画にてラップを初披露しました。その時にラップに初挑戦したそうです。

映画『BECK』(2010年)ではラッパー役を見事に演じ切っているが、ラップの部分は撮影が始まる直前まで吹き替えが検討されていたという。

だが、歌唱力に自信があった桐谷は監督と原作者に「俺にやらせてくれ」と直訴し、ラップも含めすべて一人で演じることになったそうだ。

実際にこのチャレンジは成功し、映画を持た人たちを驚かせました。

他にも、桐谷健太さんが音楽番組などに出演した際に即興でラップを披露すると、音楽のプロである小室哲哉さんもその技術力に驚いたそうです。

滑舌が悪い?

桐谷健太さんは、舌足らずと言われています。

2002年から活動し始めた桐谷健太さんの知名度が上がったのは、2008年に放送された『ROOKIES』というドラマに出演したことがきっかけでした。

桐谷健太さんが演じた役は、単純ながらも意外性のある人物でした。個人的には、愛すべき馬鹿とも言える人物だったように思います。

その影響からか、その後の出演作品では熱血系を演じることが多かったため、滑舌については指摘されることはありませんでした。

しかし、近年は演技の幅が広がったためか静かに話す役が増えてきました。そこから、桐谷健太さんの滑舌が注目されるようになりました。

滑舌が悪いのにはいくつか原因があると言われていて、桐谷健太さんの場合は、舌が長いことと受け口が関係していると言われています。

滑舌はトレーニングで補えるため、今後の活躍を考えると改善していくべき点かもしれません。

大学は?

桐谷健太さんは、駒澤大学に入学しています。

保育園児時代から役者を目指していたという桐谷健太さんは、大阪の高校を卒業した後にすぐに上京することを決めていました。

本当は役者1本でやっていく予定だったそうですが、親に勧められたため、大学に進学し、大学に通いながら役者としても勉強をしていました。

しかし、両立が難しいと考えた桐谷健太さんは、大学を中退するという道を選んだそうです。

いつ頃に中退を決めたかという情報はありませんでした。

両親の勧めを断ることは容易ではなかったと思いますが、本気だからこそできた決断だったのではと思います。

まとめ

今回、桐谷健太さんについてわかったことをまとめます!

桐谷健太さんの奥さん情報は、本人からほとんど語られていない
歌の評価はあまり高くないものの、ラップに関してはプロも驚くほどの実力を持っている
桐谷健太さんは、舌の長さと顔の骨格で滑舌が悪いと言われている
大学は、駒澤大学に通っていたが卒業していない

幼い頃から1つの夢を追いかけ、現在は大舞台で活躍している桐谷健太さん。

今後も、キャラクター性のある明るさで活動の幅が広がるように応援しています!

おすすめの記事