今回は、子役タレントの村山輝星ちゃんの英語や、母親などを調査してまとめました!

性別は男?女?
帰国子女なの?

といった気になる噂の調査結果や、実は人気私立校に通う実態なども紹介しますので、是非最後までお付き合いください!

村山輝星の英語がすごい!

村山輝星ちゃんは、英語の発音がきれいだと評判されていました。

国債が進んでいることもあり、幼いお子さんが英語に触れる機会も多くなって気なのではないでしょうか。

教育番組でも英語を取り入れるなど、英語が身近に感じる機会も多いと思います。

今回紹介している村山輝星ちゃんも教育番組『えいごであそぼ with Orton』にレギュラー出演しています。

小さな子供がメインで出演している番組ですが、メンバーの中でも1番に英語が上手とのこと。

本人も英語が特技と話していて、出演中の番組でもめきめきと英語力の成長が見られているそうです。

母親は?

村山輝星ちゃんの母親は、お子さんと協力して成長しているようです。

母親に限らず両親や家族の情報はほとんど出てなく、仕事などを調べることはできませんでした。

しかし、芸能界で活躍しているお子さんを支えているため、少なくとも母親は仕事をしていないのではないでしょうか。

また、村山輝星ちゃんが所属する事務所HPには母子で映る写真と母親のコメントが公開されていました。

写真は髪型も相まってそっくりと話題になり、コメントでは村山輝星ちゃんが芸能界で活躍するにあたっての熱意を明かしています。

練習、経験を重ねて演技力の幅を広げ、どんな役柄にも挑戦していけるよう親子共々頑張っていきたい

経験を重要視する母親の元で育ったおかげか、村山輝星ちゃんはトライアスロンも特技としています。

決して優秀な成績を収めているわけではありませんが、普通ではあまり体験できない経験をさせているように思います。

性別は男?

ベリーショートヘアーが特徴的な村山輝星ちゃんは、れっきとした女の子です。

芸能界では個性を大切にされていますが、特に村山輝星ちゃんはその名の通り個性的な子役に感じます。

名前はかなりごつくかっこいい印象を受けますが、輝く星と書いて「きらり」と読みます。漢字の雰囲気と変わって、繊細な読み方でした。

また、見た目も中性的で髪が短いことから、男の子に間違えられることも多々あります。

過去に出演した配信ドラマ『イタズラなKiss THE MOVIE 番外編2 History of NAOKI~直樹の受難』では「内田かずお」という男の子役に挑戦していました。

まだ幼いこともあって判断が付きにくいのですが、最近の子役としてはかなり異色な存在に感じます。

見た目や雰囲気に流されがちになってしまうものの、明るい笑顔や子どもらしい愛嬌のある魅力溢れる子役には変わりありません。

発音が帰国子女?

先ほども英語について触れてみましたが、村山輝く星ちゃんは帰国子女ではないかという噂がありました。

村山輝星ちゃんの英語力はテレビを見る大人たちですら魅了し、「輝星ちゃんに英語を習いたい!」という人まで現れるほどに注目されています。

発音が良いとなるとテレビに出る前から英語に触れていた可能性が高いと推測され、帰国子女の噂が浮上するのも分かります。

調べたところ、村山輝星ちゃんの両親は仕事の都合で海外に住んでいたことがあるとのこと。

そこに村山輝星が同行していた可能性もあるため、帰国子女に当てはまる可能性があります。しかし、実際に帰国子女かどうかは明かされていません。

学校は?

2019年現在、小学生の村山輝星ちゃんは慶応義塾横浜初等部に通っています。

慶応義塾は小学校~大学までの一貫私立校で、特に横浜初等部はおそらく私立小学校の中で1番の人気を誇る学校です。

文武両道を掲げる慶應義塾の受験倍率は12.7にも上り、特に女子生徒は募集人数の少なさもあって更に狭き門となっていました。

慶応義塾横浜初等部では、「体験教育」「自己挑戦教育」「言葉の力の教育」の3つを特に大切に教育しているとのこと。

2018年からは英国交換留学プログラムが始まっていて、公私共に英語に触れる機会が増えるのではないでしょうか。

まとめ

今回紹介した村山輝星ちゃんについてまとめると、このようになります。

教育番組に出演するレベルで英語が堪能で、番組内でも成長ぶりを見せている

母親は教育熱心で、子どもの仕事を全力でサポートしているように思える

見た目から男の子に間違えられやすいが、女の子

帰国子女という噂があるが、詳細は不明

学校は私立校1番人気の慶応義塾横浜初等部

今の段階では、教育番組がメインの仕事で他のジャンルの仕事で大きな活躍は見られていません。

運動が得意という点もあるため、様々な長所を生かしてメディア進出していけるように応援しています!

おすすめの記事