住谷杏奈が鼻を整形?子供は?自宅や会社はどこ?

今回は、住谷杏奈さんの鼻の整形や、子供、自宅や会社を調べてまとめました!

レイザーラモンHGの嫁であり、住谷杏奈さん本人も実業家として成功していますが、意外なエピソードが盛りだくさんでした!

住谷杏奈は鼻を整形?

ネットで「鼻を整形した?!」「顔が違いすぎる」と話題の住谷杏奈さんですが、ずばり整形しています。

整形のカミングアウトはしていないですが。鼻が不自然な仕上がりになっています。

それではお顔の変化を見てみましょう。

住谷さんは高校時代に雑誌「Cawaii!」で読者モデルとして活躍しており、その後もグラビアや12代目ミニスカポリスとして活躍しています。

こちらがその当時のお写真です。

鼻先は丸く鼻筋が通っていません。

そして以下が現在のお顔です。明らかに鼻は人工的なものを感じます。

横からみると一目瞭然。がっつり鼻筋にプロテーゼ、入っていますね。

整形した鼻は、滑らかで綺麗な一直線なんだとか。

そして極めつけがこちらのお写真。

鼻にだけ一切のシワが寄りません。こちらも整形の特徴のひとつのようです。

今や実業家として成功して、稼いでいる住谷さん。

お顔にもたくさんお金をかけられるので、今後もお顔の変化はみられるでしょう。

子供は?

この投稿をInstagramで見る

 

🌈住谷杏奈🌈さん(@annasumitani)がシェアした投稿 -

住谷杏奈さんは、レイザーラモンHGさんとの間に2人のお子さんがいます。

長男が榮人(えいと)くんで12歳、長女が名前は公開されていませんが8歳です。

こちらはかなり小さい頃の息子さんですね。

かわいいお顔をしています。

そしてこちらがかなり最近の娘さんです。


お子さんたちは一般人ということで顔や学校の公開していませんが、都立の公立小学校に通われている可能性が高いです。

こちらはお2人が流行りの子供アプリで撮った写真ですが、お子様はこんな顔なのかもしれないですね。

今のところ、お子さんのメディアへの露出はありませんが、芸能人夫婦の子供ということで芸能デビューもあるかもしれませんね。

自宅は豪邸?


住谷杏奈さんは、現在都内の超高級マンションに住んでいるようです。

そのご自宅は6億円とも言われ、お部屋の大きさは6LDK、広さ280平米とかなりの豪邸だそうです。

2015年10月に現在のご自宅へお引っ越ししたことを、自身の公式ブログで報告しています。

もうすぐお引越し。

気持ちを切り替えて、
前に進みたい♡

インテリアにもかなりこだわっているようで、黒い暖炉のような飾り棚はオーダーメイドだそう。

セレブ並みの生活が伺えます。

そんな住谷、現在まで数回の引っ越しをしています。

結婚当初は、絶頂期の月収が1200万円と言われたHGさんとともに都内の高級マンションに住んでいましたが、売れなくなってからは月収が15万円程に激減。

仕方なくお二人で安アパートに引っ越した過去も。

その後、プロレスラーとして再起を果たすHGさんですが、試合中に全治8ヶ月の大怪我を負い月収は7000円代までに落ちたそう。

そんなどん底生活で住谷さんは自分が稼ぐことを決意したといいます。

住谷さんの人生は山あり谷ありですね。

また、ご自宅で芸能人を呼んでホームパーティーやロケを度々行っているようで、ご自身のブログにはたくさんの写真が載せられています。
こちらは自宅で行われた一発屋芸人のハロウィンパーティーだそう。

まるでどこかの写真スタジオみたいですよね。

年収や会社は?


テレビ番組で、住谷杏奈さん本人の口から最高年商6億円と明かしています。

さらに詳しく調べたところ、2019年現在、住谷さんの会社経営はすべて終了しており、数冊の本の印税とブログやSNSの広告収入で稼いでいるようです。

ブログの広告収入で稼いでいることを2018年1月放送されたバラエティ番組「良かれと思って」(フジテレビ系)の中でぶちゃけています

住谷さんはオフィシャルブログから始まり、InstagramやTwitter、Youtubeを駆使してSNSでのインフルエンサー活動にいそしんでいます。

ブログ広告全盛期には自身のブログで1記事100万円も稼ぐこともあったそう。

現在やっているビジネス


これまでの住谷さんのビジネス遍歴をみてみましょう。

2010年から20~40代女性をターゲットにしたアパレルブランド『still ann...』、食べ物を原料にしたコスメブランド『Food Dream』の商品プロデュース兼社長をしていました。

現在、こちらはどちらも既に販売停止。会社自体の詳細も見つけることはできなかったので、既に会社自体を畳んでいるようです。

また、2014年の8月に東京代官山にカスタマイズトッピングピザの専門店「ANNATEANA(アンティーナ)」をオープンしました。

こちらは50種類以上のトッピングが選べ、生地もイタリア産の小麦を100%使用したこだわりのお店で、事業を計画してからたった3ヶ月程でオープンしたそうです。

味は美味しかったようですが、接客が良くなく、商品提供のスピードも遅かったようで問題は山積み。結果、2年で閉店に追い込まれています。

ここで、1億円の貯金を使い果たしてしまったと「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で本人が話しています。

その後、「美味しいパンケーキが食べたい!」という杏奈さんの心変わりにより、2016年にはあっという間にパンケーキカフェ「Very Facncy Loves Annteana」としてリニューアルオープン!

年間200軒以上のパンケーキを食べ歩いているというパンケーキ王子・杉本悟さんをエグゼクティブプロデューサーに迎え、お店の評判は上々!でしたが、2018年3月をもって営業を終了しています。

その後、アンボーテというデリケートゾーン専用の保湿美容液をプロデュースしています。

こちらはまだamazonでも購入できますが、公式サイトでは原材料入手困難による影響として2019年1月には販売を停止しています。

色々なジャンルに手を出し、失敗も多く経験していますね。

ご本人も女性活躍のインタビューでこのように語っています。

どんなビジネスでも成功するか分からないので、まずは頭で考えるのではなく行動することを優先します。

失敗してもめげない住谷さんのチャレンジ精神で、今後も商品プロデュースや新事業の立ち上げがみられることでしょう。

ブログが炎上

住谷さんのブログと言えば、「ヤマザキのバターロール」を手作りパンと偽り自身のブログが大炎上して話題をさらいました。

まだ、渦中の記事を消してないあたり、炎上商法の確信犯ですね。

なんだかんだ、見てしまうように仕向ける話題づくりは天性の才能を感じます。

まとめ

炎上商法はビジネスだったのか~とため息が出てしまいましたね。

今後も何かと私たちに体を張って話題を提供してくれそうな住谷さん、今後も目が話せません。

おすすめの記事