今回は、立川志らくさんの嫁の酒井莉加さんや、離婚、子供について調査してまとめています!

批判を受けたことへの志らくさんの本音や、健康を気遣うきっかけとなった病気なども調べましたので、ぜひ最後までお付き合いください。

立川志らくの嫁は酒井莉加

立川志らくさんは、2006年に18歳年下の酒井莉加さんと結婚しています。

元々はアイドルとして活動していた酒井莉加さんですが、人気に火が付くことなく、3年という短さで脱退してしまいます。

その後、所属したのが立川志らくさんが立ち上げた『下町ダニーローズ』という劇団の団員となりました。これが、2人の出会いでした。

努力が認められたおかげか、酒井莉加さんは立川志らくさんが監督を務める映画に出演することが決まります。

監督と役者という関係で距離が縮まった2人は、酒井莉加さんが立川志らくさんに猛アタックしたことで交際が始まったとのこと。

4年間の同棲期間を経て、2006年に結婚に至りました。

映画が2002年公開のため、映画撮影期間中に交際していたのかもしれません。

酒井莉加さんは相当立川志らくさんに思いを寄せていたようで、結婚当初はプロフィールに「志らく依存症」と記載していたそうです。

離婚について

立川志らくさんは、過去に2度ほど離婚の噂が出ていました。

最初に離婚の噂が浮上したのは、2000年のことでした。立川志らくさんと奥さんが、離婚したという真実が明かされます。

あまり知られていませんが、立川志らくさんは結婚を2回しています。最初に結婚したのは大学生の頃でした。

学生結婚をした立川志らくさんの相手は、体の弱い女性だったそうですが、最終的には離婚してしまいます。

残念ながら離婚についての詳細は明かされてなく、芸能界でも知られていなかったそうなので、最初から明かすつもりはなかったと思います。

2回目の離婚の噂は、酒井莉加さんとの離婚疑惑でした。

しかし、実際には2人に離婚の兆しは見えません。

2019年現在で結婚13年目を迎えますが、結婚当初と変わらずに仲良く過ごしているようです。

過去に2人が出演する舞台が離婚をテーマにしていたことから、離婚に触れたこともありますが、あくまでも舞台の宣伝目的だったとのこと。

子供は?

立川志らくさんは2度の結婚を経験し、5人のお子さんに恵まれています。

詳細は明かされていないものの、前妻との間には3人のお子さんが誕生しています。

2000年に結婚をしたことから、お子さんは現在20歳未満ということになるため、今も養育費を支払い続けているのではないでしょうか。

一般的に養育費の支払いは、学生期間中とのこと。大学に通っていることを考慮すると3人分の金額ともなれば、かなりの額と予想されます。

酒井莉加さんとのお子さんは2人で、長女の小弓(さゆみ)ちゃんと、次女の雪奈(ゆきな)ちゃんと言います。

このように可愛らしい名前になった理由について、立川志らくさんはこのように明かしていました。

長女は小弓(さゆみ)。小さい弓を持っているのはエンジェル。 次女は雪奈。奈の由来は神事に用いる果樹。そして雪。

つまり家の中はエンジェルの白と雪の白に覆われ弓と果樹に溢れている。 こりゃ幸運が舞い込むわけだ

しっかりとした意味を込められていて天使や神事を連想させるような名前に、さすが落語家と言わざるを得ません。

病気?

立川志らくさんは、バセドウ病を患ってからモデルのような生活をしているようです。

芸能界でも話題になっているバセドウ病とは、甲状腺の病気です。

バセドウ病では特殊な「抗体」が作られ、これが甲状腺を刺激して、過剰に甲状腺ホルモンを分泌させてしまいます。

バセドウ病は男性より女性に多く、200~500人に1人くらいがかかっています。

常にフルマラソンを走っているような体力消費をするため、常に食べていかなければ痩せていってしまうという難病とのこと。

バセドウ病にかかる原因はよくわかってなく、芸能界で活躍する方々でも発病した方は多くいます。

立川志らくさんはバセドウ病を発症してから健康に気を付けるようになったそうです。

まず、酒とタバコをやめ、朝食は果物と汁物とのこと。

その後、運動マシーンにて体を動かすことが日課と明かしていました。

嫌い、つまらない、えらそうと批判の声が多い

2017年ブレイクタレントにて、見事1位を獲得した立川志らくさん。しかし、評判はいまいちのようです。

立川志らくさんについて調べていると、テレビ出演などに対してマイナスな意見が多いことが分かりました。

師匠である立川談志さんも独特な雰囲気がありましたが、テレビ向けではないと言われています。

視聴者の方々からは、「国民代表面して偉そう」「的外れなことしか言っていない」と言われていました。

しかし、この意見について立川志らくさんは、的外れを狙っていたということを明かしています。

私は世間からズレているからコメンテーターとして重宝がられる。落語家がまともでどうする

みんなが話す方向の逆や斜めから入っていく習慣をふだんからつけているんです。常に逆から行かないとみんなと同じコメントになってしまって面白くもない。

ただし、事件や事故のコメントをするときは、さすがに逆からは行けないですけどね

確かに全員が同じ意見であれば、テレビに出演する必要はないように感じます。

しかし、場の空気に水を差すような発言が多いとも言われているため、立川志らくさんは、発言のTPOを見極める必要があるのかもしれません。

まとめ

今回、立川志らくさんについて調査したことをまとめると、このようになります。

  • 現在の奥さんは、元々アイドルとして活動していた酒井莉加さん。
  • 酒井莉加さんは2人目の奥さんで、立川志らくさんは過去に1度離婚を経験している。
  • 前妻と後妻との間には、全員で5人のお子さんが授かっている。
  • 原因不明の病気であるバセドウ病が発症していた。
  • 立川志らくさん曰く、批判されるのは承知で改善する意思もない。

情報番組やバラエティ番組など、活躍の場を広げる立川志らくさん。

落語でも活躍しているようなので、この勢いが止まらないように応援しています。

おすすめの記事