この記事では、冨浦智嗣さんがオネエをカミングアウトした真相や、現在はなにをしているかなどを調査してまとめました。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

オネエをカミングアウト!


最近テレビで見ることがなくなってしまいましたが、冨浦智嗣さんは、『3年B組金八先生』や『花より男子』に出演して、一躍有名になりました。

冨浦智嗣さんの顔立ちが大人になってからはあれ?少しおねぇっぽい?とファンの一部でささやかれていました。

実際におねぇだという事をカミングアウトしています!

自分を隠して生きるほうがしんどい。

この壁をまずは自分で超えないと一生偽って生きてい行くことになる。

それならば一時の恥くらいはかきますよ。

でもかくして生きている人がダメとかも思わない。

それが日本のダメな風習だから自分が少しでも変えたいという意識はありますよ。

でもおねぇだから声変りがしていないの?なんていうのもまた違う理由があるんです!

声代わりしていないのはカルマン症候群だから?

冨浦智嗣さんといえば高い声が印象的ですが、カルマン症候群という病気でその声になっているのではと噂があります。

カルマン症候群とは…

カルマン症候群(Kallmann syndrome)は嗅覚性器症候群とも称され、性腺機能低下症と嗅覚欠損を伴う一つの疾患グループを言います。

原因は嗅神経の発生とその神経の軸索伸長の異常により、それに伴って移動する性腺刺激ホルモン放出ホルモン分泌神経細胞(LH-RH分泌神経細胞)が視床下部に移動できないために性発育が胎生期から進まず性腺機能低下症と嗅覚欠損を伴う疾患です。

原因は遺伝子異常や発生と分化の異常などがあります。

簡単に説明すると、カルマン症候群とは、性腺機能不全と嗅覚異常の合併症です。

このカルマン症候群は、難病に指定されているみたいで、世界的に5万人に1人の確率で病気にかかっているとのこと。

カルマン症候群は遺伝子疾患の病気のひとつなのですが、この病気は自覚症状がないため気が付かないことが多くあります。

ちなみに、ドラマ『タンブリング』の番宣で冨浦さんが『アッコにおまかせ!』に出演した際には、和田アキ子さんが「君、男の子か女の子か分からないよ」とコメントしていました。

また、冨浦さん自身も、声のおかげで役の幅が狭められているの一番の悩みだとさんが言っています。

現在はなにしてる?


冨浦智嗣さんは、徳島県出身で、今現在も徳島県在住です。

テレビや映画などの仕事がある時は、その都度上京しています。

芸能活動をするには少し不便な気がしますが、「徳島が好きすぎて離れられない」と語っています。

地元愛がすごいですね。

最近の活動では、2016年の映画『団地』や『その男意識高い系』の出演です。

その後はドラマや映画などには出演していないようですが、同じ事務所のスターダストプロモーションの後輩のインスタなどに時々写っていたりもするので芸能活動は続けているようです。

舞台を中心に活動をしているのかもしれません。

徳島ではなんとアルバイトをすることもあるそうで、実家近くの温泉で掃除のバイトをしたりもすると話していました。

筋肉がすごい?

実は、冨浦智嗣さんは、かわいい顔と声からは想像できないくらいマッチョなんです!

デビュー時の可愛さを知っていると、現在の姿には驚きます。

冨浦さんは、市原隼人さんと山下智久さんの大ファンで、彼らの出演するテレビ等は全て録画して観ているほど。

大好きな山下智久さんが筋トレをしているということを知って筋トレを始めたそうです。

また、新体操をテーマにしたドラマ『タンブリング』に出演したことも影響しています。

『タンブリング』にはかなり熱心に取り組んでいたようで、徳島が大好きな冨浦智嗣さんにも関わらず、撮影期間中は東京にウィークリーマンションを借りて撮影に挑んでいました。

『ファイトクラブ』のブラットピットのような体型を目指しているそうです。

最近の冨浦さんの身体つきを見るかぎりでは憧れの体型まであともう少しですね!

まとめ

冨浦さんの現在を調べたら、オネエであることをカミングアウトをして、同じような悩みを抱えている人に勇気を与える素敵な一面を知ることができました。

あまりメディアには出ていないようですが、筋トレで培った筋肉を活かして新しい冨浦智嗣さんも見たいですね!

スポンサーリンク
LINE@で最新ニュースを受け取ろう!

当メディア公式LINE@と友だちになると、最新の更新情報が届きます!
メディアでは公表できない激レアゴシップ情報など特典も盛りだくさん!!

おすすめの記事