今回は、千鳥・大悟さんの奥さんや、フライデーでスクープされた浮気相手などを調査してまとめました。

また、昔はヤンキーだったことや、出身地である北木島の面白エピソードについてもまとめましたので、ぜひ最後までお付き合いください!

千鳥・大悟の嫁はまどか

大悟さんは、友人の紹介で出会った一般女性のまどかさんと5年の交際期間を経て2010年に結婚されています。

一般の方なのであまり話題にはなりませんが、芸人さんの中ではかなりの美人と有名だとのこと。

画像では分かりずらいのですが噂では歌手の木村カエラさん似だそうです。

ちなみに大悟さんは、授かり婚だったようで大悟さんからのプロポーズの言葉は「結婚しようか・・・ハイは?」だったそうです。

フライデーの浮気相手は?

美人な奥さんを持つ大悟さんですが、2016年にフライデーにてタレントの藤崎奈々子さんに似ている女性と不倫疑惑をスクープされてしまいます。

最初は後輩芸人フルーツポンチの村上健司さんと女性の3人で行動を共にしていたものの、村上さんだけ別れた後に芸能人御用達のホテルに入っていったところまで記事になっていましたが、大悟さんはこの記事について

女性はただの知り合いで、同じホテルに泊まったが部屋は別々だった

と話しているようです。

しかし不倫疑惑についてテレビでいじられた際にあまり騒動が知られてないことに対して

これがね、話題になってないんですよ、恥ずかしいくらい。今年、浮気騒動でこんなに全然話題になってないのって恥ずかしい。みんないろんなことになってんのに

と大悟さんは話していました。

おそらく大悟さんは、せめて話題になってくれれば釈明することも、笑ってごまかすこともできるのにというニュアンスだったのだろうと思います。

このコメントに対してネットは、話題作りのための不倫という認識にざわつきましたが、批判よりも大悟が不倫するのがキャラ的にしっくりきすぎていると楽しんでいる方が多かったようです。

昔はヤンキー?

顔がいかついことや、方言がきついことから学生時代ヤンキー説が有力ですが、実は大悟さんご本人が否定されています。

ヤンキー説に拍車をかけたエピソードは、やはり本土の高校入学式の際に「鬼が島から来る」と噂される程に恐れらたことだと思います。

そして入学式に堂々と遅刻してきたのですからヤンキーと認定されてもおかしくありません。

しかし入学式に遅刻してしまったのは、島から出てきたためにびしっと決めるために床屋さんで髪を切っていたためであり、時間が過ぎていると気付くと急いで学校に向かったといいます。

写真のサングラスも、島から出てきたやつだとバカにされないように用意したものだと話していました。

また、漫画のタッチに触発されて野球を始めたり、中学生時代は6人の全同級生とサッカーをやったりと純粋な少年だったそうです。

北木島の面白エピソード

大悟さんといえば北木島の面白エピソードがかなり好評です。その中からいくつか厳選したものをご紹介していきたいと思います。

エピソード①

まだ子どもの頃、小さな船で釣りをしていた時に通りかかったクルーザーに乗っていた若者に「邪魔くさいから貧乏人はこんなところで釣りすんな!」と言われた際に、父親がぽつりと「お前はああなれよ」と言っていた。

エピソード②

島での選挙活動は選挙カーの代わりに船で行われ、島をぐるぐる回りながら騒ぐから海賊だと思っていた。

エピソード③

父親の仕事は、角がない丸い石を探して島の親分に持っていきお小遣いをもらうこと。

エピソード④

小さい島なので信号がなく、バイクに乗る人はヘルメットを着用していないため、NHKが取材に北木島を訪れた際にバイクに乗ってる島民の頭にモザイクがかけられた。

エピソード⑤

家族と初めてのマクドナルドに訪れた際、注文の仕方が分からず席に座ったもののカウンターで注文を受け付ける様子を見た父が「そうじゃった。ここは頼みに行くところじゃった。」とごまかしていた。

エピソード⑥

島にはエレベーターがないため、修学旅行で本土に渡った際はどの観光名所よりもエレベーターに感動し、ずっと乗っていた。

他にも調べれば調べるだけ出てくる大悟さんの島エピソード。

かなり強烈ではずれがありませんね。

ちなみに北木島ですが、船着き場付近に大悟さんの実家に行くための看板が立っているらしく簡単に訪れることができるそう。

車がない場合は大悟さんのお父さんが迎えに来てくれるらしく、看板に電話番号が記載されています。

まとめ

今回、大悟さんについて分かったことをおさらいしましょう!

  • 大悟さんの奥さんの名前はまどかさん
  • 藤崎奈々子さん似の女性とホテルに一緒に入ったという不倫疑惑。本人は友人とコメント
  • 学生時代はヤンキーのような装いだったが、ヤンキーではなかった
  • 北木島エピソードはやっぱり面白かった

島育ちの荒々しいキャラながらも子煩悩だったり、甘いものが好きだったりとギャップがまた人を寄せ付ける魅力なのでしょうか。

これからも独特の芸風と島エピソードに注目です!

スポンサーリンク
おすすめの記事