この記事では、武田真治さんの「顔が変わった?」という声が多いので、若い頃の画像と比較しています。

結婚歴やサックスの実力、意外な性格が分かるエピソードなど盛りだくさんですので、ぜひ最後までご覧ください!

武田真治の顔が変わった?若いころと比較!


武田真治さんの顔は、若い頃からイケメンのままです。

ですが、若い頃と今では顔の形が少し不自然な感じで変わっているように思えます。

まずは彼の経歴を振り返るとともに過去の写真を見てみましょう。

1989年、高校在住時代に「ジュノンスーパーボーイズコンテスト」でグランプリを受賞し人気を得ます。

その時、いしだ壱成さんと共に「フェミ男」という中性的な美青年としてアイドル的人気を手にします。

フェミ男というのは、女性を意味する英単語のfemaleまたは女性主義的な考えのフェミニズムやフェミニストなどが由来で、女性的な体系をした線の細い男性のことを「フェミ男」と呼んでいたそうです。

今でこそ筋肉系タレントとして売り出している彼ですが、その活動の最初期は線の細い美少年系で売っていました。

その後、1990年代にブームになった「南くんの恋人」で主人公の青年を演じ、成長した青年の姿を披露していました。

1996年から2018年まで続いた「めちゃめちゃイケてる」のレギュラーメンバーとなり単純なイケメン俳優ではなく、バラエティにも対応できるマルチタレントとして才能を徐々に開花して行きます。

では、かつての彼と今現在の彼を比較してみましょう。

画像を比較してみたところ、目元が奥二重から完全な二重に変化しています。

それに、鼻の形が妙に高くなっていました。

インターネット掲示板や一部のブログなどでは、「妙に肌がスベスベでつっぱっている」などというコメントもありました。

整形手術のある技法で肌にヒアルロン酸を入れて張りや艶を与え若くみせるという手段もあります。

目と鼻が変との声も


40代になっても若いままの彼ですが、目元や鼻などについて変化が多くみられます。

特に目と鼻については整形疑惑が大きいと思います。

まず、前項でも指摘したように彼の目元は10代の頃はやや奥二重でした。

しかし、目元を切開したのか完全な二重になっています。

これについては、単純に高齢とともに瞼が下がったと言う言訳は可能ですが、やはり考えられる可能性としては目元切開の方が高いと思います。

また鼻についても、今の彼は「眉間から鼻が垂れている」と言う感じの不自然なイメージで彫の深さが際立っています。

付け根の部分についても、太くなっており不自然な印象が強くあります。

一部では2009年に亡くなったking of Popsマイケル・ジャクソン氏に似ているという指摘もありました。

武田真治さんはこういった整形疑惑については自身何も触れていないので、実際はどうなのかについては不明です。

結婚歴は?

武田真治さんには結婚歴はありません。
彼が若いころ、結婚相手に関して3つの条件を話していた事が有ります。

その条件というのは「1人暮らしの経験がある」「働いたことがある」「内面的に美しい」の3っでした。

しかしそれはあくまで若いころであり、現在は「かわいい声」「グラマラスな体」「口臭なし」の三つに変わっているそうです。

内面的な面を相手に求めるのではなく、外面も求めるようになったあたり、いろんな意味で現実を知ってしまったのかもしれません。

彫りの深いイケメンで筋肉質な彼なので女性陣からモテモテですぐに結婚できそうにみえますが、実は20年ほど続いためちゃイケの女性陣からはかなり嫌われていたそうです。

というのも実は武田さん、かなり馴れ馴れしい性格をしているそうです。

あの光浦靖子さんに対しいきなり耳たぶをさわって「みっちゃん」とじゃれついてきた事がありました。

光浦さんは当時「本当に恐怖を抱いた」と振り返っています。

他にも重盛さと美さんにいきなり馴れ馴れしく外国人のようなノリで「オーベイビー」と話しかけてドン引きされてしまったこともあるようです。

このようなエピソードがあり、彼は40歳を過ぎた今でも結婚できないといわれています。

と、書けば非モテにみえるかもしれませんが一応こんな彼でも過去に交際した女性は数多く、その中の一人に江角マキ子さんや国仲涼子さんという有名女優もいたそうです。

しかし、そのいずれとも結婚までは至っておらず途中で破局しています。

今現在、お付き合いしている女性の存在は不明です。

最後に確認されたのは2016年の「めちゃイケ」内で暴露された歯科衛生士の恋人の存在のみでした。

サックスの実力は下手?


サックス奏者としても有名な彼ですが、その実力についての評価は有識者や事情通からはあまりいい評価をされておりません。

Yahoo知恵袋では彼のサックスの実力について多くの質問がよせられています。

「自分もクラシックでサックスやっていますが、正直言うと彼の演奏は聞けたものではない。
技はありますが音に雑音が入りすぎてバラけ過ぎている。」

とテクニックそのものを疑問視するコメントがありました。

他にも「見せるサックスという事であれば上手なのかもしれません。」という前置きで、「先ほどyoutubeで彼のアルバム曲を聴いてみましたが・・・テレビと同じ奏法でフラジオ・グロウル・ベンドの多用で非常にかっこわるく聞こえます。」という辛辣な評価をするコメントもありました。

その一方で彼のサックス演奏が好きだという方も多く、「めちゃイケ」で長年共演しつつも彼を拒絶していた光浦さんは「サックスを吹いてる時の彼は好き」と評価していました。

まとめ

今回わかった情報をおさらいしましょう。

・武田真治さんは顔の形が若いころと比較するとかなり変わっていっている。
・目が奥二重から完全な二重に、鼻は奇妙なまでに高くなっている。
・結婚歴はなし。
・サックス奏者としての評価は否定が多めの賛否両論。

HNK筋肉体操で注目の武田真治さん。

これから彼はどこを目指しているのでしょう。

そんな彼からはまだまだ目が離せませんね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事