田中彩子(ソプラノ)は結婚してる?旦那は死去?日本語が変で下手?高校や大学、実家は?

今回は、ソプラノ歌手・田中彩子さんの結婚や旦那に関する噂などを調査してまとめました。

日本語が変で下手だと言われる理由や、高校や大学、実家についてもまとめましたので、ぜひ最後までお付き合いください!

田中彩子(ソプラノ)が結婚してる?


田中彩子さんは2018年現在、結婚したという情報がないためおそらく独身と思われます。

しかし、『田中彩子』さんについて調べているとお子さんがいらっしゃるとの情報が確認できました。

詳しく調べてみると、同姓同名のモデルの方がおり、その方にお子さんがいらっしゃるとのこと。

モデルの田中彩子さんは旦那さんのことを話しませんが、お子さんがいることは主張しており『田中彩子さんに子どもがいる=結婚している』に結びついたと考えられます。

比べてみると何となく似ている気がしますね。年齢も同じくらいとのことなので、同一人物と言われるのも分かる気がします。

旦那が死去したという噂について

ソプラノ歌手の田中彩子さんは独身にも関わらず、モデルの田中彩子さんの影響で旦那さんの死亡説が出ています。

どう考えても結婚したことない人の旦那さんは存在しませんし、死別することもありません。

とは言っても、モデルの田中彩子さんは旦那さんのことをあまり語らないため、実際のところどうなっているのかわかりません。

おそらくソプラノ歌手の田中彩子さんに旦那さんがいると勘違いした方が、いくら調べても旦那さんについて調べがつかなかったためにこのような誤情報を流したのだと考えられます。

どちらにしても、今回紹介しているソプラノ歌手の田中彩子さんには結婚歴がないため、旦那さんが死去したというのも本人に該当しません。

日本語が変?

歌だけではなく独特な日本語に注目を集める田中彩子さんですが、実は海外に10年住んだことで日本語を忘れてしまったそうです。

名前が日本人にも関わらず、拙い話し方をする田中彩子さんには外国人疑惑まで出ていますが、生粋の日本人だとのこと。

歌っている最中は気になりませんが、声がとても可愛らしいため頑張って話す様子が小動物のようでかなり癒されます。

また、言葉の語尾に無理やり「ですよ」「ですね」と付け足すことが多く、何となく普段から丁寧な言葉選びを心がけていることが分かります。

歌が下手?<

『100年に1度の逸材』と賞賛される程の実力を持つ田中彩子さんですが、一部では賞賛に値しないと言う方もいるようです。

主な理由として以下のような声が挙がっていました。

・迫力が感じられない

・ただ高音を出しているだけ

・日本のオペラ界のレベルが低いだけ

確かに歌声は迫力のようなものは感じられませんでしたが、オペラの印象を覆すほどの優しい歌声で、聴く人の心を包むかのように歌われていました。

歌っている様子も安らかな顔をされており、見え方によっては簡単に高音を出してると感じられるかもしれません。

また、田中彩子さんは日本語が個性的なため『日本語が下手』という言葉の『下手』が悪目立ちしてしまい、『歌が下手』という解釈をされているという方もいました。

ちなみに海外でコンサートに訪れた方々はこう話されています。

高音は信じられない程正確、それにも関わらず響きは柔らかで、まさに天使のよう

人生の中でそう聞けることのない素晴らしい声

田中彩子さんの歌声は天使と言われる程に美しく、聴く人たちを癒していることが分かります。

高校や大学は?

田中彩子さんが通っていた高校は京都府立西舞鶴高校と言われています。

自身では公表していないものの、田中彩子さんが『情熱大陸』に出演が決まった際に、京都府立西舞鶴高校のHPに詳細が記載されていたとのこと。

高校時代はピアニストを目指していた田中彩子さんですが、この高校は特に音楽に精通しているわけではないため、学校と夢とで切り替えての生活を送っていたようですね。

また田中彩子さんは、ピアノを弾くのに手が小さいという理由からピアニストを諦めてしまいますが、ピアノを弾かない代わりに歌ってみてはとピアノの先生に提案され、歌に目覚めたとのことです。

その後、オペラ歌手を目指し始めた田中彩子さんは、18歳にしてオーストリアに一人で旅立ち留学します。

はっきりとした大学は分かっていませんが、ウィーン国立音楽大学に入学したと言われています。

留学するきっかけになったのは、元宮廷歌手であるミルカーナ・ニコロヴァから直接指導をしたいと声をかけられたから。

海外に行ったばかりの頃は知り合いもおらず、金銭的にも苦しかったためかなり苦労を感じたとのことです。

実家は?

京都の学校に通っていた田中彩子さんですが、やはり実家も京都です。

父親は親子3代続いている材木問屋の次男らしく、会社を継いだ父親の元で育ったそうです。

詳しい場所についてはわかりませんでしたが、3代も続いた会社を持つ家庭なら留学についても納得ですね。

しかし高校生まで京都に住んでいたにも関わらず、方言すら形を残さず日本語を忘れてしまうなんて、田中彩子さんの頭の中は音楽でいっぱいなのですね。

まとめ

今回、田中彩子さんについて調べてわかったことをまとめます!

  • ソプラノ歌手の田中彩子さんが結婚したという情報はない。
  • 結婚していないため、旦那が死去したというのは誤情報。
  • 海外生活が長いため日本語を忘れてしまった。
  • 歌は聞く人の好みで上手い下手が決められるが、海外では高く評価されている。
  • 京都の西舞鶴高校に通っていた。大学はウィーン国立音楽大学出身と言われている。
  • 実家は京都にある。
  • 歌でもトークでも人を魅了することができる田中彩子さん。

    今後もたくさんのコンサートにて天使の歌声を披露されるかと思いますので、これかれの活躍から目が離せません!

    おすすめの記事