この記事では、月亭方正さんの子供の学校や嫁、落語の評価や若い頃などの気になる噂を調べてまとめました。

落語家になった意外なエピソードなども調査しましたので、ぜひ最後までご覧ください!

月亭方正の子供は?

月亭方正さんには子供が3人います。

2002年に第一子である長女・百桃(もも)ちゃん、2003年に第二子である次女・来欄(らら)ちゃん、2012年に第三子である長男(名前不明)が誕生しました。

後に笑ってはいけないの「地球防衛軍」シリーズにおける家族からのサプライズ手紙で、名前が明らかになりました。

長男は芸人の松本人志さんと誕生日が同じということで、もしかしたら芸人になるのでは?と言われています。

また、年末番組「笑ってはいけない」の恒例である蝶野さんのビンタで、お父さんである月亭方正さんが叩かれているようすを見て泣いてしまったそうです。

お父さん思いの優しいお子さんですね。

通っている学校はどこ?

お子さんが通っている学校については分かりませんでした。

番組のサプライズ出演の際に名前が分かった程度なので、基本的なお子さんの情報は非公開という事でしょう。

芸能人の子供という事もあり、プライバシーな部分についてはより気を遣っていると思われます。

落語の評価は?

落語家としての道も歩む月亭方正さんですが、その落語の評価に関しては、賛否両論あるそうですが近年の評判によると高評価だそうです。

元々は、お笑い芸能人としての色が濃かった月亭方正が落語を始めたことで、今まで落語に興味が無かった人達が興味をもつようになり、落語に対しての貢献はすごいのではと言われています。

またお笑い芸能人としてのストーリーも織り交ぜならの落語をすることもあるそうで、落語家としても、お笑い芸能人としての2つの楽しむ要素があり、それが人気に繫がったのではないでしょうか。

師匠は月亭八方という方で関西ではかなり有名な方みたいなので、そんな方のお弟子さんになれた月亭方正さんも実力があることは間違いないでしょう。

落語家になったきっかけは?

落語家としての評価も高い月亭方正さんですが、元々はお笑い芸能人としての活動しかしてなかった彼がどうして落語家になったのでしょうか?

40歳になって自分には何もないと感じた事が大きいようです。

そして相談した際に芸人の先輩である東野幸治に落語を勧められ、実際見たところ大変感銘を受けた事が落語家への道を歩むきっかけになったそうです。

「20歳でこの世界に入って“とにかく芸人として飯が食えればいい”というところから始まった。そこからダウンタウンさんと出会って、色々頑張ってきましたよ」と回顧。そんな中、40歳になって自身の人生を初めて振り返った時「何にも無い……」と感じたという。

桂枝雀の「崇徳院」を聞いて、落語の魅力の虜に。実際にやってみて、「落語は“ひとりでできる新喜劇”だと気付いた。“これや!”と思って、その時に(転身)を決めた」と明かした。

https://dogatch.jp/news/tx/41505/detail/

「わざわざ言うテレビ」という番組に出演した際には、お笑いコンビウーマンラッシュアワーの村本に、一生落語家として続けていくかと聞かれ、「うん」と力強く頷いていたそうです。

若い頃はどんなだった?

月亭方正さんは実は学生時代はイケメンだったという事が分かりました。

中学生の頃は、頭の形などでジャガイモとあだ名をつけられていましたが、高校時代は女性にモテていたらしく、出身校西の宮南高校のミスターに2年連続選ばれたそうです。

実は芸人としてデビューしたての頃も、キレイめな芸風だったこともあり、バレンタインデーには段ボールに16箱分のチョコレートが届くほどの人気ぶりだったようです。

現在はデビュー当時より大分ふくよかになられ、髪型やお洒落には気を遣っていないようです。

嫁は?

月亭方正さんの嫁・山崎亜耶さんが美人だと話題になりました。

方正さんは、2001年に11歳年下の一般女性の亜耶とできちゃった結婚。

嫁の亜耶さんは一度だけ「ガキの使いやあらへんで」にも出演されたことがあり、その時に趣味はパチンコと答えていました(笑)

清楚な雰囲気なのに、意外な趣味をお持ちの為、ホステスなのでは?という噂が立ちましたが、確かな情報は得られませんでした。

ハゲてるの?

年末の「笑ってはいけない」でも薄くなってきたといじられる事がありました。

写真で見ても分かるように、後頭部あたりの毛が薄くなっているのが分かります。

月亭方正さんは典型的な男性型脱毛症と思われます。

年齢の経過によって男性の頭髪が薄くなりハゲていくのは仕方のないことではありますね。

まとめ

今回は月亭方正さんの落語家としての評価、子供の学校、若いころ、嫁などについて調べてみました。

「テレビに出る僕は子供。落語の僕は大人。」と語る月亭方正さん。

二つの顔をもつ月亭方正さんの今後の活躍が楽しみですね。

おすすめの記事